約10カ月ぶりサファテにファン歓声 同僚はまさかの反応

森(左)と抱き合ってあいさつするサファテ
森(左)と抱き合ってあいさつするサファテ
写真を見る

 ソフトバンクのデニス・サファテ投手(37)が10日、キャンプ地の宮崎市・生目の杜運動公園入りした。

 2017年にシーズン54セーブのプロ野球記録を打ち立てリーグMVPに輝いた守護神も、昨季は右股関節を痛め、まだ6試合の登板だった4月に米国へ帰国。手術を受け、米国でリハビリを続けていた。

 午前10時半すぎにタクシーでキャンプ地入り。3連休の2日目とあって大勢詰めかけたファンから「お帰り」と声が飛び、A組(1軍)球場のグラウンドに出て、ウオーミングアップ中のチームメートのもとへ両手を広げて歩み寄ると、スタンドの歓声と拍手で迎えられた。

 もっとも、両手を振り上げ、あおるようなサファテのしぐさを見たチームメートは、一様に静観。右腕が輪に近づくと逆方向へ走りだした。

 ただこれは、米メジャーで本塁打を打って生還した打者を最初は全員で無視して祝福する「サイレント・トリートメント」のような反応で、心得たファンからは笑い声。チームメートはやがて大声を上げてサファテを迎え、固いハグを交わしていた。

=2019/02/10 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]