ソフトバンクの公式グッズ店が一新 名称も変更し3・1オープン

「HAWKS STORE」ヤフオクドーム店の外観イメージ
「HAWKS STORE」ヤフオクドーム店の外観イメージ
写真を見る
選手たちの円陣をイメージした展示コーナーのイメージ
選手たちの円陣をイメージした展示コーナーのイメージ
写真を見る
バッターボックスをモチーフにした店内デザインのイメージ
バッターボックスをモチーフにした店内デザインのイメージ
写真を見る

 ソフトバンクの公式グッズショップ「ダグアウト」がリニューアルされ、3月1日に「HAWKS STORE」としてオープンする。

 ソフトバンクは、米大リーグや欧州サッカー大手クラブのグッズ製造、販売などをしている米ファナティクスの日本法人と2019年3月から10年間のパートナーシップ契約を締結しており、ファナティクスがグッズ販売ビジネスの運営を受託する。

 ヤフオクドーム店はホームベースやマウンド、バッターボックスなど、野球場をモチーフとしてインテリアを一新。2月28日にプレオープンするが、当日は商品は購入できない。

 今年初めてのヤフオクドームでの試合、阪神とのオープン戦が行われる「シーズンスタートデー」の3月2、3日は、ホークスの福岡移転30周年を記念した「WE=KYUSHU」グッズが購入者特典でプレゼントされる。3000円以上購入するとクリアファイルが、また「WE=KYUSHU」レプリカユニホームを購入するとナップザック。いずれも1会計につき1点で、数量限定。ヤフオクドームのデッキ上、コンコース内の各グッズ売場、小倉店でも同様のキャンペーンを行う。

 オンラインストアも3月1日にリニューアル。同10日まで送料無料となる。年中無休で発送し、原則として午後4時までの注文は当日に出荷するという。

=2019/02/20 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]