ソフトバンク2位杉山が右足首負傷 車いすで病院へ

右足首を負傷し車いすで球場を離れる杉山
右足首を負傷し車いすで球場を離れる杉山
写真を見る
バント処理を試みた際に右足首を痛めた杉山(左)
バント処理を試みた際に右足首を痛めた杉山(左)
写真を見る

 ソフトバンクのドラフト2位ルーキー、杉山一樹投手(21)が21日の練習中に右足首を傷めた。

 A組(1軍)の走者を置いた打撃練習に登板中、バント処理を試みた際に右足首をひねった。患部を固定して車いすに乗せられ球場を後にし、宮崎市内の病院へ直行。エックス線、エコー検査を受けた結果、骨に異常はなく「右足関節前脛腓靱帯(けいひじんたい)1度損傷」と診断された。

 ドラフト1位の甲斐野らとともにキャンプA組入りしていた杉山は、12日のシート打撃で最速152キロをマーク。17日の紅白戦では1イニングを三者凡退に抑え、開幕1軍入りへアピールしていた。

=2019/02/21 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]