王さん東京Dでイチ訪問「打つよ」断言 雄星とは握手

マリナーズ・菊池(手前)とあいさつを交わすソフトバンク・王会長
マリナーズ・菊池(手前)とあいさつを交わすソフトバンク・王会長
写真を見る

 ◆2019 MGM MLB開幕戦 マリナーズ-アスレチックス(20日・東京ドーム)

 ソフトバンクの王貞治会長(78)が開幕戦を観戦するため東京ドームを訪れた。

 マリナーズの練習中にロッカーを訪れ、ベンチ裏でイチローと対面。「(グラウンドの)上なんかでやったら(会ったら)大変だろ」と冗談めかした。

 2006年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本代表の監督、選手の間柄で初代世界一に輝いた。顔を合わせるのは昨年12月以来で、球場では、自身がコミッショナー特別顧問だった09年WBC以来という。「頑張ってね、見てるからね」と声を掛けると「全力でやります」と返ってきた。

 米国でのオープン戦から東京でのプレシーズンゲームまで24打席連続無安打で開幕を迎えたイチロー。もっとも王会長は「ホームランもそうなんだけど、出るときゃ出るんだよ。出ないときは出ない。あんまりね、皆さんが言うほど本人は一喜一憂してないんだよね」と強調。「今日(開幕戦)は本チャンだから打つよ」と断言し「ちゃんと出るから。大丈夫だから」と念を押し、席へ向かった。

 21日の第2戦に先発するマリナーズの菊池とはベンチで握手。球場内の通路では、始球式で来場したホークス監督時代の教え子、城島健司氏とも握手し「どうした、今日、解説か?」と声を掛けていた。

=2019/03/20 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]