イチロー会見最後まで見たSB王会長、「語り継がれる」

イチローとの思い出を語る福岡ソフトバンクの王会長=22日午前11時20分、福岡県筑後市のタマホームスタジアム筑後
イチローとの思い出を語る福岡ソフトバンクの王会長=22日午前11時20分、福岡県筑後市のタマホームスタジアム筑後
写真を見る

 2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表監督を務めた福岡ソフトバンクの王貞治会長(78)は22日、同大会でともに戦ったイチロー外野手(45)の引退について、「来るべき日が来ちゃったのかな。彼にその日が来るのはもっと先だと思っていただけに残念」と惜しんだ。

 同日、ソフトバンクのファーム施設「HAWKSベースボールパーク筑後」(福岡県筑後市)を訪れた王会長は、WBCの思い出について「第1回で選手がなかなか集まらなかった中、一番先頭で『出ます』と言ってくれて大変心強かった」と振り返った。深夜に行われた会見を最後まで見たといい、「彼の野球人生は多くの人に感動を与えた。これからもずっと語り継がれるでしょう」と労をねぎらった。

=2019/03/22 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]