SB中村晃、自律神経失調症で当面治療に専念 復帰時期は未定

ソフトバンク・中村晃
ソフトバンク・中村晃
写真を見る

 福岡ソフトバンクは23日、中村晃外野手(29)が自律神経失調症と診断されたと発表した。12日に右腹斜筋筋挫傷の診断を受けチームを離脱。その後、23日までに自律神経失調症の診断を受けた。

 現時点で福岡県筑後市のリハビリ組には合流していない。治療に専念している状態で、現時点で復帰のめどは立っていないという。

=2019/03/23 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]