元ソフトB佐々木氏「一年でも早く甲子園」 鹿児島城西高野球部監督就任会見

鹿児島城西高の監督に就任した佐々木氏
鹿児島城西高の監督に就任した佐々木氏
写真を見る

 鹿児島城西高の野球部監督に1日付で就任した、福岡ソフトバンク前3軍監督の佐々木誠氏(52)が5日、同校で記者会見し「一年でも早く生徒を甲子園に連れて行きたい。まずは、この夏出られるよう努力したい」と抱負を述べた。

 佐々木監督はプロ野球の南海、福岡ダイエー、西武などで活躍し、現役引退後は社会人チームの監督も経験。高校野球への転身について「いつかはチャンスがあると常々思っていた。気持ちが高まり、わくわく感がある」と語った。

 学校によると、前監督が昨年11月に退任の意向を示したため、関係者を通じて後任を探したという。佐々木監督は6日から部員32人の指導を始める。目指すのは「そつのない頭を使う野球。(選手には)失敗を恐れずにやらせたい」と話した。

=2018/01/06付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]