左右の好投手そろう創成館がリード/夏の高校野球 長崎展望

長崎大会過去10年の決勝
長崎大会過去10年の決勝
写真を見る
写真を見る

展望 選抜大会8強の創成館が大きくリードしている。左腕のエース川原陸(3年)をはじめ、タイプの違う左右の好投手がそろう。NHK杯を制した長崎商は2年生エース桝屋優太郎を中心に堅い守りで2年ぶりの頂点を目指す。2年連続優勝を狙う波佐見は昨夏の甲子園で本塁打を放った内野裕太(3年)が打線の軸となる。春の県大会で初優勝した長崎総合科学大付、NHK杯準優勝で強打の海星、粘り強さがある長崎日大、好投手を擁する佐世保南なども上位をうかがう。

=2018/06/16付 西日本スポーツ=

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]