ソヴァール重賞初V 佐賀記念 【佐賀】

重賞初制覇を果たしたルールソヴァール
重賞初制覇を果たしたルールソヴァール
写真を見る

 ルールソヴァールが直線で独走-。第45回佐賀記念(Jpn3、2000メートル)は6日、佐賀競馬の第10Rで12頭が出走して争われ、1番人気のルールソヴァール(幸英明騎乗)が中団待機から力強く抜け出して2分7秒8で圧勝、重賞初制覇を飾った。幸騎手は佐賀記念3勝目。2着には4馬身差でトップディーヴォ、さらに1馬身1/4差の3着にマイネルバサラが入った。

■独走4馬身差

 幸騎手は情報収集も欠かさなかった。「地元の騎手から『インが重い馬場状態。少々、コースロスがあっても真ん中から外目を通ったほうが良い』と聞いたんです」。1番枠から発馬して中団につけ、徐々に外に持ち出した。

 2コーナー過ぎから先頭が変わる出入りの激しい展開。勝負どころから進出したルールソヴァールは最終4コーナー手前から先頭に並びかけ、直線では追いすがる後続を突き放した。

 「向正面では手応えが良く、イケると思った」。幸騎手の手綱さばきに応えたルールソヴァール。今後のダート重賞戦線に殴り込みをかける。 (吉浦)

=2018/02/07付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]