佐賀ヴィーナスカップを追加 グランダム・ジャパン2018の日程発表

 NAR地方競馬全国協会は28日、世代別牝馬重賞シリーズ「グランダム・ジャパン2018」の開催概要を発表した。

 同シリーズは、地方競馬の優れた牝馬の活躍する舞台を広げるなどの目的で2010年に始まり、今年で9年目。レースは世代別(3歳、古馬、2歳)に体系づけ、競走成績によりポイントを与えられる。ポイント上位馬にはボーナス賞金(古馬1位に1000万円など)を授与。九州での対象レースは佐賀競馬で「ル・プランタン賞」(4月8日、3歳)と、今シーズンから「佐賀ヴィーナスカップ」(6月10日、古馬)が新たに追加された。

 また昨シーズンに引き続き、3歳・古馬の最終戦には、地方馬内先着3位までの馬に、エクストラポイント(上位から15、10、5)が加算され、最後まで目が離せないレースが繰り広げられる。

=2018/03/01付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]