ドラ1松本初のキャッチボール

西日本スポーツ

ウオーミングアップする松本(右) 拡大

ウオーミングアップする松本(右)

 ドラフト1位の松本(岩手・盛岡大付高)が今キャンプ初のキャッチボールを行った。右肘痛の影響でキャンプ序盤はノースロー調整で、15日にネットスローを開始。1月の新人合同自主トレ以来となるキャッチボールでは、約25メートルの距離で久々の感覚を確かめるように投げた。「もう痛みはない。思ったより感触もいいですね」。ブルペン入りは1カ月以上先になる見込みだが、一歩前進に笑顔を見せていた。

=2015/02/20付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ