「3番柳田」お預け 西武戦雨天中止で打線オプション試せず

西日本スポーツ

マシン打撃で汗を流す柳田 拡大

マシン打撃で汗を流す柳田

 ホークス打線のオプションの一つである「3番柳田」は、次戦以降に持ち越しとなった。21日のオリックスとのオープン戦初戦では4番で2安打を放ったが、雨天中止となった22日の西武戦は3番で出場予定だった。

 藤井打撃コーチは「監督にはいろいろな(打順の)バリエーションを試したいという考えがある」と説明。今季の打線のキーマンとなる柳田は「何番でもいいッス」と柔軟に対応する構えだ。

 内川が4番に入る予定だった西武戦と同様に、今後の実戦では李大浩を含めた3人が3、4、5番を流動的に務めるもよう。藤井コーチは「クリーンアップを務められる人間は限られる」と話した。上位打線に関しても「これまで2番に入っている中村晃が、1番に入るケースもある」と複数あるパターンの一つを示した。

=2015/02/23付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ