4階に「ホークスプレミアムスイート」 内装一新 高級感演出

西日本スポーツ

4階のスーパーボックスが全面改装され「ホークスプレミアムスイート」になった。料理は専属スタッフがつくるようになる 拡大

4階のスーパーボックスが全面改装され「ホークスプレミアムスイート」になった。料理は専属スタッフがつくるようになる

 ソフトバンクは23日、ヤフオクドームの全面改装した貴賓室を公開した。4~6階にあった「スーパーボックス」の4階部分を「ホークスプレミアムスイート」とし、内装や調度品を一新して高級感を演出。全16室の年間契約をスポンサー企業などと結んでいる。

 米大リーグの球場などを参考にして、昨年12月から改装工事を行っていた。球団によると、契約料は従来の4階のスーパーボックスと比べて4割ほど高くなったという。改装費用は約7億円。室内とバルコニー間の段差をなくして開放感を出し、料理は専属のスタッフがつくるようになる。

 また、同ドームでは外野部分に「ホームランテラス」という観客席が新設され、グラウンド照明には発光ダイオード(LED)が採用された。

=2015/02/24付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ