工藤ホークスが本拠地初白星 ギータ等身大パネル登場

西日本スポーツ

記念の横断幕 拡大

記念の横断幕

池田親興氏の今季展望解説 タブロイド判ホークス特別号

 工藤監督が本拠地初白星を挙げた28日の楽天戦は「西日本スポーツ創刊60周年記念」として開催され、ヤフオクドームでは多くのファンが楽しんだ。

 この日から柳田悠岐外野手が本紙のイメージキャラクターに就任。柳田を応援する「ギータ女子マネ部」も発足し、3階コンコースの3カ所に設けたブースで希望者の「入部」を受け付けた。

 ブース横には、右腕を伸ばした柳田の等身大パネルも設置。ファンが隣に並ぶと、柳田が「壁ドン」をしているような格好になり、「照れるけど、うれしいです!」と記念撮影をする女性ファンの姿も目立った。

 試合前と試合中には柳田が本紙をPRするCMも球場内のホークスビジョンで流れ、タブロイド判32ページのホークス特別号「優勝するけん」も販売された。

 試合前には豪華観戦室「ホークスプレミアムスイート」で球団OBの池田親興氏(本紙評論家)が本紙読者を前に今季の展望などを解説。新設された「ホームランテラス」の影響や、池田氏ならではの裏話などに笑いや驚きの声が上がった。

=2015/03/01付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ