1番DHで出場 勝負強く2犠飛 春季教育L中日戦 長谷川

西日本スポーツ

 昨年12月に右足首を手術した長谷川が、2日連続の実戦で順調に打席を重ねた。今年初の実戦だった3日に続いてウエスタン春季教育リーグの中日戦(ナゴヤ)に1番DHで出場。3打数無安打とこの日も快音はなかったが、2犠飛を放つなど勝負強さ健在をアピールした。「自分の体のことを気づかいながらやっていく」と今後も段階的に調整を進めていく考え。きょう5日の同リーグ阪神戦(雁の巣)で外野の守備にも就く予定だ。

=2015/03/05付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ