柳田 打順も背番号も関係ない

西日本スポーツ

 8日のロッテ戦でオープン戦1号を放った柳田が“鈍感力”で欧州代表との強化試合に臨む。10日の欧州代表戦は「1番右翼」での先発出場が濃厚。今季のホークスでのオープン戦は3、4番での出場のみだが「打順は意識しません。自分の打撃を貫くだけ」と意に介さない。ホークスでの背番号も今季から、侍ジャパンの小久保監督が背負ってきた9番に変更されたが、日本代表では44番に戻った格好だ。「背中は見えないから。気になりません」。昨年11月の日米野球でもMVPを獲得。今回も大舞台に強い性分を発揮してくれそうだ。

=2015/03/10付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ