柳田 春遠し 率.148 3度の好機適時打なし

西日本スポーツ

3回1死一、二塁、見逃し三振に倒れて悔しがる柳田。捕手松井雅 拡大

3回1死一、二塁、見逃し三振に倒れて悔しがる柳田。捕手松井雅

 つながりを見せる打線の中で、3番の柳田が沈黙した。4打数無安打に終わり、オープン戦は通算27打数4安打、打率1割4分8厘と低空飛行が続いている。「ダメですね…」。眠れる大砲のため息は深い。

 初回1死三塁の絶好機で初球のカーブを強引に引っ張り、二ゴロ。その間に三走の本多が生還して先制したものの、寂しい結果となった。3回は見逃し三振、7回は空振り三振とバットにすら当たらない。「昨日(の練習)は良かったんですけど。微妙なところ。良くはない」。侍ジャパンでも10、11日の欧州代表戦で計6打数無安打と快音は止まったままだ。

 唯一の見せ場は5回の守備。無死満塁で小笠原の飛球をキャッチし「レーザービーム」で本塁に返球した。三走はスタートしなかったが、強肩に本拠地が沸いた。次は豪快な打撃でファンを喜ばせる。

=2015/03/15付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ