九産大九州ナインが甲子園で練習 選抜高校野球

西日本新聞

練習開始のサイレンとともにグラウンドに駆けだす九産大九州の選手たち 拡大

練習開始のサイレンとともにグラウンドに駆けだす九産大九州の選手たち

 21日に開幕する第87回選抜高校野球大会に出場する九産大九州(福岡)のナインが18日、兵庫県西宮市の甲子園球場で練習を行った。

 昨秋の九州大会4強の九産大九州は、16年ぶり2回目の選抜大会出場。30分間の練習ではノック、打撃の後、エース左腕の岩田将貴投手(2年)がマウンドから17球を投げた。森崎哲哉監督は「選手はいつもの練習以上に気持ちが乗っていた」と目を細め、加藤弦太主将(3年)も「全員動きが良かった」と語った。大会第4日第3試合で近江(滋賀)との初戦に臨み、選抜大会初勝利を目指す。甲子園練習は18日が最終日。20日には開会式リハーサルが行われる。

=2015/03/18付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ