夢の球場で感触確かめ 九州学院が甲子園練習

西日本新聞

甲子園のマウンドで投球練習する九州学院の伊勢大夢投手 拡大

甲子園のマウンドで投球練習する九州学院の伊勢大夢投手

 21日に開幕する第87回選抜高校野球大会に出場する九州学院(熊本市中央区)の選手たちが17日、兵庫県西宮市の甲子園球場で練習をした。30分間の練習ではノックの後、レギュラー陣がフリー打撃。最後に、エースの伊勢大夢投手がマウンドから投球練習をした。

 3年ぶり6回目の出場。坂井宏安監督は「選手たちにとっては初めての甲子園。球場の大きさを感じてほしかった。でも少し緊張していたかな」と笑う。中原力也主将は「甲子園は広く、打っても守ってもプレーしやすい」と目を輝かせた。

 開幕戦で八戸学院光星(青森)と対戦する。坂井監督は「開幕戦は選手にとっていい経験になる。練習でやってきたことを出してくれればいい」と語った。

=2015/03/18付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ