一戦必勝で全国制覇を 神村学園が壮行式

西日本新聞

甲子園での活躍を誓う神村学園の児玉和也主将とナイン 拡大

甲子園での活躍を誓う神村学園の児玉和也主将とナイン

 第87回選抜高校野球大会に出場する神村学園高校野球部(鹿児島県いちき串木野市)の壮行式が11日、同校であった。2年連続5度目の出場となるナインは、2005年の初出場の際に挙げた準優勝を上回る全国制覇を誓った。大会は21日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。

 神村学園は昨年秋の県大会を制し、九州大会で4強入りした。昨春の甲子園経験者7人が残り、強力打線と粘り強い試合運びで頂点を見据える。

 壮行式では、約800人の生徒が見守る中、県高野連から選抜旗が伝達され、中森敏朗理事長が「鹿児島県を元気にする結果を持ち帰って」と激励した。これに対し、小田大介監督はベンチ入りメンバー18人を紹介し「一戦一戦をクリアし、最終的に全国制覇の夢を成し遂げたい」。児玉和也主将(2年)も「全国に神村野球を見せられるよう、一戦必勝で戦う」と誓った。

 13日に組み合わせ抽選会があり、チームは同日出発する。

=2015/03/12付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ