九州学院先制実らず、センバツ開幕戦で涙

西日本新聞

 第87回選抜高校野球大会は21日、甲子園球場で開幕して1回戦3試合が行われ、開幕戦に登場した昨秋の九州大会優勝の九州学院(熊本)は、八戸学院光星(青森)に2-9で敗れた。九州学院は初回に1点を先制したが逆転され、先発の伊勢大夢(3年)が八回に7点を失った。史上5校目の夏春連覇に挑む大阪桐蔭は、田中誠也(同)が4安打に抑えて完封し、東海大菅生(東京)に8-0で完勝。常総学院(茨城)は竹内諒(3年)と宇草孔基(同)が大会タイの1試合5盗塁を記録するなど13盗塁を決め、春夏通じて初出場の米子北(鳥取)に14-1で快勝した。

=2015/03/21 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ