工藤ホークス、連続日本一ねらう ドームの鷹観世音大菩薩へ必勝祈願

西日本新聞

 27日のプロ野球開幕を前に福岡ソフトバンクは25日、福岡市中央区のヤフオクドーム敷地内にある「鷹観世音大菩薩(たかかんぜおんだいぼさつ)」で恒例の必勝祈願式を行った。工藤公康監督(51)、王貞治会長(74)ら球団関係者がパ・リーグ連覇と連続日本一を祈願した。

 9年ぶり日本球界復帰の松坂大輔投手(34)らが加入したチームは工藤新監督のもと、オープン戦を首位で終了。工藤監督は「選手と、その家族を含めてけがをしないように祈った。徐々に緊張してきている」と神妙な顔つきで語った。

 この日は同ドームで全体練習を行い、新主将に指名された内川聖一外野手(32)ら選手たちは、引き締まった表情で汗を流した。

 開幕戦は本拠地ヤフオクドームにロッテを迎え、午後6時半に試合開始予定。

=2015/03/25 西日本新聞=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ