併殺打「5」 内川

西日本スポーツ

 4番内川が早くも昨季の併殺打数「5」に並んだ。柳田の先制適時打が出た直後の初回1死一塁、東明の真っすぐを仕留められず遊ゴロ併殺打に倒れた。ただ、主将はチームのサヨナラ勝ちに興奮。「きょうの勝ちは大きい」と大きくうなずいた。この日は無安打ながら、7回1死満塁では佐藤達の外角真っすぐをライトに運んで同点の犠飛としており、藤井打撃コーチは「どんな状態でも、最低限の仕事をするのはさすが」とたたえた。

=2015/04/03付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ