あすの先発に気引き締める 武田

西日本スポーツ

 サウスポーに転向!? 武田が13日の投手練習で周囲を驚かせた。ブルペン投球の後、左利き用のグラブを右手にはめてグラウンドに登場。鳥井田コンディショニングコーチを相手にキャッチボールを始め、約50メートルの遠投もこなした。「最速はどのくらいですかね。120キロまでは出ませんよ」とニヤリ。海の向こうでは、右肘靱帯(じんたい)の修復手術を受けたダルビッシュ(レンジャーズ)が左投げでキャッチボールする姿が「様になっている」と話題になったが、武田も負けていない。15日に対戦するオリックスは1分けを挟んで4連敗中ながら「いい打線には変わりない」と口元を引き締めていた。

=2015/04/14付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ