新年度もド派手に 卒業、新編成…別れの涙をぬぐって

西日本スポーツ

3月の活動を振り返ったHKT48の(左から)山本茉央、神志那結衣、田中美久、栗原紗英 拡大

3月の活動を振り返ったHKT48の(左から)山本茉央、神志那結衣、田中美久、栗原紗英

 ●月イチ活動報告
 
 桜の花も散り、新緑が芽吹き始めた4月。多くの人が新たな門出を迎えたように、HKT48の活動も新たな局面を迎えつつある。笑顔も涙も、出会いも別れも抱えながら、ひた走る彼女たちの日々をつづる「月イチ活動報告」。今回は、初めての沖縄公演や大切な仲間の卒業、22日に発売される5thシングル「12秒」などについて、2期生の神志那結衣(17)、ドラフト生の山本茉央(18)、3期生の田中美久(13)、栗原紗英(18)に聞いた。 (古川泰裕)

 ●サプライズ沖縄

 -全国ツアーは3月7日の宮城公演、14日の大阪公演と続き、22日に初の沖縄公演

 栗原「めっちゃ楽しかったー」

 神志那「私、(沖縄の)前日まで胃腸炎だったんですけど、ライブが終わってはける時、エイサーで出演してくれた女の子が『胃、大丈夫ですか?』って聞いてきたんです。一瞬、私の心が読めるの?と思ったんですけど、その子は当初、ファンとして来る予定だったらしいんです」

 ※注…神志那の体調不良は、数日前にファンに報告されていた

 神志那「あと花火! メロンジュースの時の。何も言われてなかったから、びっくりした」

 ※注…「メロンジュース」を披露中、サプライズで約300発の花火を客席後方(会場の外)から打ち上げ。メンバー全員がステージから会場最後方に移動し、最前列で花火を楽しんだ

 栗原「『急いで、走って』って指示があったから、何かあるんだろうなってのは思ってたんですよ。そしたらいきなり『ドーン』って。私、花火苦手だから、音を聞かないようにしてました。きれいだったけど、あんま見れんやった(笑)」

 山本「初めての沖縄で今年初の花火を見られて、すごいうれしかった」

 -5thシングル「12秒」(22日発売)初披露

 美久「大人っぽく進化したな、って思います。前のシングルは控えめな子って感じだったけど、一気に積極的になって、女の子の方からキスしちゃうんです」

 神志那「振り付けも『スキ!スキ!スキップ!』の振りを作ってくださった方なんですよ。見応えもあると思います」

 -3月27日、AKB48のコンサートで「春の人事」発表。美久ちゃんは新ユニット「でんでんむchu!」に入った

 美久「メーキング映像を美久と(矢吹)奈子ちゃんと(田島)芽瑠ちゃんで撮ってて、発表が始まったときも、また何か新しいのができるんだなーと思ってて」

 -自分のことだとは思ってなかった?

 美久「思ってなかったです。スタッフさんに『ステージに出て』って言われて、頭がポカーンってなったままステージに出て。終わった後、秋元(康)さんとみんなで話したんですけど、『てんとうむchu!』さんのライバルって言われました。最年少なので、足を引っ張らないように頑張ろうと思います」

 -(木本)花音さんが兼任解除

 神志那「最近、やっと仲良くなれたんです。もう行っちゃうなんて悲しい」

 美久「ダンスがすごくて、公演でもみんなを引っ張ってくださってたので、(解除の)理由が分からなかったです。全国統一(ツアー)も最後まで一緒にやりたかった」

 -24日に草場愛さんが卒業発表

 神志那「2期生はこれまで誰も卒業してなくて、ファンの人にもすごいって言われてたんですけど…。まなみん(草場愛のニックネーム)もいろいろ考えてたんだろうし…応援しようって」

 栗原「発表の時、一緒に公演に出てたんですけど、最初の曲のとき泣いてたみたいなんですよ。3期生も『今日、暗くない?』って話してて」

 美久「誰も知らなかったの?」

 栗原「後藤(泉)さんだけ知ってたみたい。ファンの人もすごい泣いてて、それでメンバーも、もっと泣いちゃって」

 山本「お姉さん的存在だったから…」

 神志那「指原(莉乃)さんも、『選抜以外ですごいと思う子いる?』っていうファンの人からの質問に、まなみんの名前を挙げてて。『言われたこと以上のことをやってくる』って言われるくらい、しっかりした人だったので…残念です。悲しいし、寂しい」

 -茉央ちゃんと紗英ちゃんは、高校を卒業して社会人に

 栗原「実感ないです(笑)」

 山本「いろんな先輩とかから『大丈夫?』って言われる(笑)。年下のメンバーにも『ほんとに社会人やっていけるの』って。HKTやってるから実感もないし、まだ高校生気分」

 ●総選挙頑張るぞ

 -AKB48選抜総選挙の立候補受け付け終了。HKT48は今年も全員立候補

 神志那「(HKTの)4thと5thと連続でシングルの選抜に入れていただいたんですけど、まだ何も結果を残せていないって、正直感じていて。結果を形として残せるのは総選挙しかないって思ってるので、ファンの人と団結して、目標は『じーな』(ニックネーム)の27位。頑張りたいなって思います」

 栗原「4thシングルの選抜に入ったり、雑誌の(グラビアの)お仕事とかもさせていただいて。その結果がどう出るか分からないですけど、挑戦しようと思いました。80位以内にランクインできたらって思います」

 山本「去年は本当に何も知らずに選挙に出たけど、今年は違いますね。握手会でもだいぶ人が来てくれるようになって、名前を覚えてもらえるようにもなったので、全力で頑張って、80位以内に入りたいです」

 美久「去年ランクインできなかったことが悔しくて。今回は、ファンの人と一緒に頑張りたいなって思います。目標は、ランクインですかね」

 -今年はヤフオクドームで開票(6月6日)

 美久「今年もいろいろ、総選挙が変わると思います。選抜16人がどうなるか楽しみ。7位以内が目標の宮脇(咲良)さんが、どこまでいくのかも楽しみです」

 栗原「その流れでHKT48劇場にも来て、公演も見てほしいですね」


 ◆草場愛卒業 2期生で初

 3月24日にHKT48劇場で行われたチームK4公演の終盤で、2期生の草場愛(19)が、4月いっぱいで同グループの「活動を辞退する」と発表した。今後は、一人の大学生として学業に専念するという。HKT48の2期生から初の卒業者となる。

 草場は、HKT48の2期生として、2012年9月30日の研究生公演で劇場デビュー。14年1月11日、九州7県ツアーの大分公演で発表された新チーム結成では、正規メンバーになれず涙をのんだが、2月24日の「AKB48グループ大組閣祭り」で、チームK4に昇格した。年長者でダンスのスキルも高く、研究生時代から、精神とパフォーマンスの両面で、多くのメンバーの支えとなっていた。

 ◆花音、田中菜、村重の兼任解除 「人事異動」奈子と美久、新ユニットに

 3月27日に埼玉スーパーアリーナで開かれたAKB48のコンサートで「春の人事異動」と題し、48グループの新たなメンバー編成が発表された。HKT48では、SKE48との兼任で加入していた木本花音がSKE専任に戻り、田中菜津美のSKE48兼任、村重杏奈のNMB48兼任も解除された。兒玉遥のAKB48チームK兼任、宮脇咲良の同チームA兼任はそのままで、同チームBを兼任していた朝長美桜は同チーム4兼任に。新たに矢吹奈子が同チームBを兼任する。

 また、田島芽瑠、朝長美桜が参加する7人組ユニット「てんとうむchu!」のライバルとして、7人組の新ユニット「でんでんむchu!」が結成され、AKB48の期待の新星である大和田南那や向井地美音のほか、HKT48から矢吹奈子と田中美久が名を連ねた。

=2015/04/14付 西日本スポーツ=