今宮 1号手応え残したい!! 休日 不振も返上だ

西日本スポーツ

練習を終え、引き揚げる今宮 拡大

練習を終え、引き揚げる今宮

 一発を機にV字回復だ! 打撃不振に悩む今宮健太内野手(23)が20日、休日返上でトレーニングを行った。19日のロッテ戦(QVCマリン)では今季1号ソロをマーク。その手応えを忘れないために、本拠地の室内でバットを振り込んだ。

 「打てないのは悔しいので、やることをやった。(本塁打を)きっかけにしたいと思っているし、焦りや打ちたいという気持ちもある。そのためには練習しかないんで」

 開幕から打撃に苦しんでいる。打率1割5分3厘は、両リーグの規定打席到達者でワースト。2季ぶりの先発落ちの憂き目も味わった。そんな中、飛び出した19日の第1号。打点も今季初めてだった。「カウント3-2まで持っていけたことが良かった。粘っていけば甘い球もくる。最後に仕留められた」と振り返った。

 室内ではマシン打撃を行い、さらに打撃投手にも投げてもらった。見守った大道打撃コーチは「昨日の感じを忘れないよう。本人も手応えを感じているだろう」とうなずいた。今宮も「自分の形をつくり上げることが一番。今までやってきたことを継続していくしかない」と表情を引き締めた。

 きょう21日の楽天戦(ヤフオクドーム)は、前回4打数無安打に終わった左腕塩見が先発する。「安打がほしいと思って当てにいかないようにしたい」と自分自身の気持ちを整理。19日は試合後の移動で夜遅くに福岡に戻り、この日、午前中から練習。手応えは残しつつ、気持ちをリセットして試合に入っていく。 (小畑大悟)

=2015/04/21付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ