AKB総選挙6・6in福岡 272人立候補、番狂わせも

西日本新聞

HKT48劇場オープン3周年特別記念公演で、全員揃って客席を盛り上げるHKT48のメンバー=昨年11月、福岡市 拡大

HKT48劇場オープン3周年特別記念公演で、全員揃って客席を盛り上げるHKT48のメンバー=昨年11月、福岡市

 世の中は統一地方選のまっただ中だが、全国から注目を集めるもうひとつの選挙戦の火ぶたも切られている。人気アイドルグループ・AKB48の41枚目のシングル(8月発売予定)の表題曲を歌うメンバーを争う第7回選抜総選挙。「立候補」から2カ月に及ぶ長丁場の戦いで、ファンの盛り上がりが最高潮に達する「開票」は6月6日、福岡市中央区のヤフオクドームで行われる。関東圏以外での開催は初めてで、地元の姉妹グループ、HKT48の躍進も期待できそうだ。 (古川泰裕)

 AKBグループ(AKB48=東京、SKE48=名古屋、NMB48=大阪、HKT48=福岡)の総勢は約300人。「第7回選抜総選挙」の立候補受け付けは3月29日に締め切られ、272人が届け出た。

 現在は「選挙運動期間」の真っ最中。「劇場で会えるアイドル」の彼女たちにとって、運動の舞台はファンに直接アピールできる劇場だ。地道な頑張りが多くのファンに届けば、総選挙でのランクインなどの「結果」につながり、将来の輪郭はよりはっきりとしたものになる。

 「有権者」は公式ファンクラブの会員や、5月20日に発売予定のシングル「僕たちは戦わない」の購入者。本物の選挙のように1人1票ではなく、CDを購入するごとに「1票」が手に入り、同じ候補者に投じることができる。中には大量のCDを買い込んで投票するファンもおり、前回の総投票数は268万9427票に達した。1位の渡辺麻友さんは史上最多の15万9854票を獲得している。

 投票は5月19日~6月5日、インターネットで実施。ファンの支持を集めた80人が「当選」、うち上位16人が次回シングルを歌う「選抜メンバー」に選ばれる。通常はプロデューサーや運営スタッフの意見で決まるメンバーをファン投票で決定するのが、このイベントの面白さだ。2009年に始まった「選抜総選挙」は毎年、アイドルエンターテインメント界の一大事として注目を集めた。メディアの露出が少なかったメンバーが、一気にスターの階段を駆け上がるなどのドラマもあり、「開票」結果はテレビの地上波で生中継されることもある。

 「5万人収容などを条件」(公式ホームページ)に今回、初めて会場に選ばれたヤフオクドーム。隣接するホークスモールタウンには、HKT48の劇場がある。投票開始まで、あと1カ月-。少女たちは夢へのチャンスをつかもうと連日、ステージで歌い踊り、汗と涙を流している。

 ◇サッシー、首位奪還は 注目のHKT

 今回の選抜総選挙に、地元のHKT48(47人)は、3年連続で全員が立候補した。前回は14人が「当選」圏内の80位以上に入っており、今回はそれを上回る「議席」獲得も視野に入れる。

 最大の注目は、前々回1位の指原莉乃さん=大分県出身。テレビ番組への出演数はAKBグループ中でもダントツ、コンサートの構成など運営にも関わる大黒柱だ。前回は史上最多票数を獲得した渡辺麻友さんに敗れ2位。返り咲きに期待がかかる。前回11位で、HKT48生え抜きメンバーでは初めて「選抜メンバー」入りした宮脇咲良さん=鹿児島県出身=は今回、7位以内を目標に設定。かつて「神7」と呼ばれた高い壁だが、昨秋、渡辺さんとともにAKB48本体のシングルでセンター(最前列)を任された今の彼女なら、十分に突破可能だ。

 ファンの間で「HKT屈指の美貌」と評判の森保まどかさん=長崎県出身、現在センターを務める兒玉遥さん=福岡県出身=は、初の選抜入りに挑む。森保さんは地元・長崎で圧倒的な支持を誇り、兒玉さんもこの1年でテレビ出演の機会も増えて、全国的に知名度を上げた。グループの「顔」としての意地を見せてほしいところだ。

 ◆メモ HKT48のメンバーが連日舞台に立っているHKT48劇場のチケット購入や、6月6日にヤフオクドームで開催される選抜総選挙の開票イベントに参加するためにはAKB48グループチケットセンターのホームページからの無料会員登録が必要。登録後、希望のイベントや公演を選択し、抽選に当選するとチケットを購入することができる。選抜開票イベントも有料。

=2015/04/21付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ