2併殺打を反省 牧原

西日本スポーツ

 2番中堅でスタメン出場した牧原が2併殺打を反省した。0-0の4回無死一塁、力ない遊ゴロで好機をつぶすと、1-1の8回無死一塁ではバスターで二ゴロ。「センターラインは避けるべきだった」と表情を曇らせた。前回スタメンの19日のロッテ戦(QVCマリン)ではプロ初の3安打猛打賞でアピールに成功したが、一転して無安打に終わりうなだれた。

=2015/04/23付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ