痛恨の救援失敗 甘い球を猛反省 森

西日本スポーツ

7回1死一、三塁、西武・中村(右)から勝ち越しの左前適時二塁打を浴びる森 拡大

7回1死一、三塁、西武・中村(右)から勝ち越しの左前適時二塁打を浴びる森

 2番手の森が痛恨の1球を悔やんだ。同点の7回1死一、三塁で先発摂津に代わって登板したが、4番中村に初球の甘いスライダーを勝ち越しの2点二塁打とされた。6回にも摂津が初球のカーブを同点2ランとされていただけに、2年目右腕は「甘く入ってしまった。あそこを0点に抑えていれば、展開が変わっていたかもしれない」と猛反省していた。

=2015/04/26付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ