「痛みはない」キャッチボール再開 細川

西日本スポーツ

 首痛の影響のためリハビリ組で調整中の細川が28日、キャッチボールを再開した。西戸崎合宿所でトレーナーを相手に約15メートルの距離を投げたもの。「痛みはないし、もう大丈夫」。春季キャンプ終盤に右手親指を骨折した細川は今月11日に2軍戦で実戦復帰したが、首痛を訴えて1週間前にリハビリ組に再合流していた。

=2015/04/29付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ