デホ 2戦連続お任セヨ弾 また土壇場9回

西日本スポーツ

9回1死、6号ソロを放つ李大浩 拡大

9回1死、6号ソロを放つ李大浩

 ■オリ守護神連破
 
 前夜の再現を予感させる一発に、緑色のユニホームを着た大阪のファンが沸いた。3点を追う9回。1死から李大浩が、平野佳の内角低め直球を体を開きながらバットの芯で捉えた。打球は、左翼席に着弾。1日にも土壇場の9回に同点ソロを放ち延長戦勝利につなげた大砲の2戦連発に、客席だけでなくベンチも息を吹き返した。

 続く松田もその勢いに乗り、初球を強烈な中前打。明石は倒れたものの、代打の江川が四球を選び2死一、二塁。一発が出れば逆転の場面で、牧原が初球を打って出ると打球は右翼ポール右への特大ファウルとなった。南海時代からのオールドファンのボルテージも最高潮に達したが、最後は投ゴロに倒れゲームセット。連日の逆転勝利を期待こそさせたものの、反撃があまりに遅すぎた。

 「そうだね…。初めて(の対戦)というのはやっぱり難しい」。終盤の追い上げが届かなかったことを悔しがった工藤監督は、敗因に今季初対戦のディクソンに打線が苦しめられたことを挙げた。初回に2死から内野安打で出塁した柳田が二盗に成功したが、内川が三ゴロに倒れ無得点。その後はナックルカーブや、キレ味抜群のスライダーを巧みに操られ、5回までチャンスすらつくることができなかった。

 ■「3戦」も誓った

 拙攻もあった。3点を追う6回には先頭の牧原が二塁打で出塁。1死二塁から2番高田が中前打を放ったが、牧原が本塁に突入し憤死してしまった。3点差で、次に控えていたのは自慢の中軸。指揮官は「あそこは行くタイミング。センターもいい送球をしたし、キャッチャーもうまかった」と、三塁ベースコーチと選手をかばったが、終盤に追い上げただけに無得点に終わったこの回の攻撃が結果的には大きく響いた。

 伝統ある南海のユニホームに身を包んでの2戦目は悔しい敗戦。3位転落で、大勝した首位の日本ハムとは再び3・5ゲーム差。それでも2戦連発でチーム単独トップの6本塁打となった李大浩は「調子はいいと思っている。いい時も悪い時もあるけど、続けたいね」と、3戦連発を誓い球場を後にした。何としても勝ち越して、祭りに沸く福岡へと戻る。 (倉成孝史)

=2015/05/03付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ