我慢の105球6回2失点 スタンリッジ

西日本スポーツ

2回1死二、三塁、小谷野の三ゴロの間に先制を許し、悔しがるスタンリッジ 拡大

2回1死二、三塁、小谷野の三ゴロの間に先制を許し、悔しがるスタンリッジ

 先発のスタンリッジは苦しみながらも6回を2失点とゲームをつくった。2回に小谷野の三ゴロ間に先制を許したが、その後は我慢の投球。2点目を失った6回限りで降板した。「守備の時間が長くなって、野手のリズムをつくれなかったかもしれない。もう少し良い投球ができたと思う…」と、被安打7で105球を要した投球に厳しい表情を浮かべた。

=2015/05/04付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ