しぶとく先制打 鶴岡

西日本スポーツ

3回1死三塁、先制の右前適時打を放つ鶴岡。捕手は田村 拡大

3回1死三塁、先制の右前適時打を放つ鶴岡。捕手は田村

 2戦連続先発マスクの鶴岡が先制点をたたき出した。3回1死三塁、フルカウントから涌井の内角直球をしぶとく右前に運んだ。「走者が三塁にいたので三振だけはしないようにと思った。打つ方に関してはいい感じで打てた」。一方、リードでは4回まで大隣の好投を引き出すも、5回に5失点。「(大隣は)悪くなかったけど…。今江につながれたところが一番の反省」と悔やんだ。

=2015/05/14付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ