母からの電話を照れながら話す 川島

西日本スポーツ

 17日に移籍1号V弾のヒーロー川島が、心温まる家族物語を紹介した。同日は母多恵子さんの誕生日で、お立ち台でそのことを紹介。試合直後は電話に出られなかった母から、後に折り返しがあったという。「職場の方に『良かったね』と声をかけてもらって知ったようで。『泣きそうやった』と言ってました」と照れ笑い。自身は一夜明け、休日の本拠地で「調子に乗らないように」とマシン打撃で汗を流した。

=2015/05/19付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ