反撃の三塁打 川島

西日本スポーツ

 3戦連続のスタメンとなった川島が反撃の三塁打を放った。3点を追う6回2死一、二塁、塚原の初球直球を振り抜き、右中間へ運んだ。2人を生還させ、三塁まで達した。17日の西武戦で今季1号を放つなど打撃は好調ながら、敗戦後の川島は反省しきり。「ヘルマンの打球は併殺にできていた。あそこでオリックスの流れを止められていた」。堅守が売りの31歳は、グラブをかすめながら安打でピンチを広げた6回の守備を悔やんだ。

=2015/05/20付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ