交流戦初星狙う 武田

西日本スポーツ

 武田が交流戦の初白星に照準を合わせた。28日の中日戦で先発予定の右腕は、プロ4年目で交流戦2試合目の先発となる。初登板だった前回の先発は2013年、本拠地中日戦。4回3失点で降板し、勝ち負けともにつかなかった。「マウンドが他に比べて硬い気がする。(交流戦では)打席にも立つし、しっかりと投げたい」と意気込んだ。

=2015/05/26付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ