3番手で好救援 流れ引き寄せる 二保

西日本スポーツ

8回1死満塁のピンチに登板し、無失点に抑えた二保 拡大

8回1死満塁のピンチに登板し、無失点に抑えた二保

 3番手の二保の力投が流れを引き寄せた。同点の8回1死満塁で登板すると、2回に本塁打を放っている井手を低めのフォークで空振り三振。続くバルディリスも中飛に打ち取った。7年目の今季は活躍が目立つ右腕は「ここで抑えたら、という場面で結果を出せてよかった」と納得顔。今季20試合目の登板でも、首脳陣の信頼に応えた。

=2015/06/04付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ