6連戦「まずは勝ち越し」 工藤監督

西日本スポーツ

大隣(右)に身振りを交えて指導する工藤監督 拡大

大隣(右)に身振りを交えて指導する工藤監督

 工藤監督が交流戦の勝率1位に意欲を見せた。9日からの阪神、広島戦は、交流戦を締めくくる本拠地6連戦。「もちろん負けるより勝った方がいい。みんな頑張っているから勝っている。まずは3連戦を考えて、勝ち越せるようにしたい」と意気込んだ。この日は西戸崎合宿所での先発投手練習を視察したほか、ブルペンでは3軍の笠原や坂田も密着指導した。

=2015/06/09付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ