豪快タイムリー 今宮

西日本スポーツ

5回1死一塁、左中間フェンスを直撃する適時二塁打を放つ今宮 拡大

5回1死一塁、左中間フェンスを直撃する適時二塁打を放つ今宮

 今宮が豪快なタイムリーを放った。5回、3点差に迫り、なお1死一塁の場面。藤浪のカットボールを強振すると打球は左中間フェンスを直撃する適時二塁打となった。「抜けるとは思ったが、あそこまでは飛ぶとは思わなかった」。8番に打順が下がり、2試合連続安打と結果は出ているが「やるしかない」と表情を崩すことはなかった。

=2015/06/11付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ