20戦目で初失点 五十嵐

西日本スポーツ

 五十嵐が今季20試合目の登板で初失点した。2点リードの8回に3番手で登板。先頭からの連打に四球が絡み1死満塁とされ、福留にフルカウントからの7球目、やや浮いた直球を左前へ運ばれ同点2点打とされた。

 開幕から主に勝ち試合の8回を投げてきたバリオスに疲れが見えはじめたため、今カードで“配置転換”。そのバリオスが直前の7回を投げた後の出番だった。「自分の状態が悪いわけじゃなかった。いい粘られ方をされたし、向こうが良かった。切り替えていきたい」と、次戦への切り替えを強調した。工藤監督の信頼も変わらない。「1本打たれたとしても、それ以上点を与えないことが仕事。使う場所は変わらない」と今後も8回を任せる意向を示した。

=2015/06/12付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ