内川 二塁打3本&一塁守備

西日本スポーツ

 内川が9年ぶりの大当たりだ。初回1死二塁で武田勝のスライダーを流し打ち、技ありのエンタイトル適時二塁打。「初回はギータ(柳田)が前で打ってくれたので、楽に打席に立てた」。6回と8回にも二塁打を放つなど、横浜時代の2006年7月30日の広島戦以来となる1試合3本の二塁打をマークした。

 打率も3割9厘まで引き上げたが、安打製造機は「打撃はしっくりいっていない部分がある」とさらなる高みを追求している。この日は工藤ホークスのオプションでもある一塁守備に6回から就いた。3月31日以来、今季2度目のファーストミットに「いろいろやって疲れました。勝てて良かった」と汗をぬぐった。

=2015/06/21付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ