真砂1号含む3安打 最終打席の三振悔やむ

西日本スポーツ

3回1死、ソロ本塁打を放つ真砂 拡大

3回1死、ソロ本塁打を放つ真砂

 3年目の真砂がウエスタン・オリックス戦(雁の巣)で今季1号を含む3安打と活躍した。3回に左腕山田の直球を左翼スタンドに運び、その後も二塁打、左前打と快音を続けた。

 サイクル安打も狙えた8回はマエストリのスライダーに空振り三振。「(8回は)全く対応できなかった。1軍クラスの投手を打てるようにならないと」と悔しがった。

=2015/06/25付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ