スタン バンデン 苦~い“ブラック”飲ませる 西武突き放す!!

西日本スポーツ

屋外での投球練習後、笑顔を見せるバンデンハーク 拡大

屋外での投球練習後、笑顔を見せるバンデンハーク

 ジェイソン・スタンリッジ投手(36)とリック・バンデンハーク投手(30)の「スタ・バ」コンビが、1日からの本拠地2連戦で3位西武を突き放す。1日に先発するスタンリッジは今季6勝と安定感抜群。2日に先発予定のバンデンハークもデビュー2連勝と勢いに乗っており、5・5ゲーム差で食い下がる西武においしいコーヒーでなく、煮え湯を飲ませる。

 ■球宴まで併用へ

 東京での「鷹(たか)の祭典」で始まり、1日空けて福岡で2試合を戦う今回の西武戦。武田で先勝したホークスが「スタ・バ」コンビで同一カード3連勝を狙う。1日にスタンリッジが先発した後、2日はバンデンハークが入れ替わる形で登録即先発する予定だ。

 スタンリッジは前回登板した6月24日の西武戦で6回2失点。勝敗はつかなかったが、合格点といえる内容だった。「いい投球ができた。同じ感じで投げられるようにしたい」。さらに「前回は6回だったので、もっと長い回を投げられるように」と意気込んだ。

 来日2連勝を飾ったバンデンハークは、同21日の日本ハム戦で7回を投げて圧巻の13奪三振。翌22日に外国人枠の関係で登録を外れ、今回は中10日の登板。「調整期間を利用してブルペンに2回入れた。カーブの制球を良くしたい」と3連勝に照準を合わせた。

 評価がうなぎ上りのバンデンハークだが、課題もある。登板した2試合はいずれも初回に失点し、計4盗塁を許した。「全てのイニングをゼロで抑えたい。(クイックの)速さは問題ないと思うけど、癖を見破られないようにしたい」と、課題克服に自信を見せる。

 7月中旬の球宴までは日程に余裕があるため、首脳陣は2人を入れ替える形で登録して併用していくプランだ。これも他球団がうらやむ戦力を誇るホークスならではの起用法だ。この日は西戸崎合宿所で調整した「スタ・バ」コンビで連勝を伸ばし、レオの戦意を喪失させる。 (小畑大悟)

=2015/07/01付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ