初回適時打その後無音 内川

西日本スポーツ

 内川が初回に4番の仕事を果たした。1点を先制し、なお1死二塁。野上の外角スライダーを右中間に運んで2点目を追加した。「二塁にギータ(柳田)がいたので、ライトに転がせば追加点だなという意識。うまく打てた」。納得の一打となったが、その後は凡退。試合にも大敗して笑顔はなかった。

=2015/07/02付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ