46チーム、全力プレーへ 大分市で開会式

西日本新聞

開会式で元気よく行進する選手たち 拡大

開会式で元気よく行進する選手たち

 夏の甲子園出場を懸けた第97回全国高校野球選手権大分大会の開会式が5日、大分市の別大興産スタジアムであり、出場する46チームの選手たちが元気よく行進した。

 県高野連の後藤雅宏会長が「今までの練習に自信を持ち、無限の可能性を感じさせるプレーを見せてほしい」とあいさつ。選手を代表して大分雄城台の近藤駿主将(3年)が「支えてくれた人たちへの感謝を忘れることなく、全力でプレーすることを誓います」と宣誓した。

 試合は8日に始まり、日程通りに進めば25日に決勝戦が行われる。

 

=2015/07/06付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ