東福岡、福岡大大濠、久留米商業が16強入り 福岡大会

西日本新聞

【東福岡―武蔵台】4回表1死二塁、東福岡・山本の左前打で生還する福島(右)=11日 拡大

【東福岡―武蔵台】4回表1死二塁、東福岡・山本の左前打で生還する福島(右)=11日

 第97回全国高校野球選手権福岡大会は11日、計10試合があった。4回戦が実施された南部はシードの東福岡のほか、福岡大大濠と久留米商が勝利し、県大会出場(16強)を決めた。北部は星琳が2年前の大会を制したシードの自由ケ丘を破り、4回戦に進んだ。雨のためノーゲームとなった南部の1試合と北部の2試合は12日に実施される。

 

=2015/07/12付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ