鳥栖・帆足が圧巻の投球 三養基、多久が快勝

西日本新聞

 第97回全国高校野球選手権佐賀大会は2日目の12日、佐賀市のみどりの森県営球場と佐賀ブルースタジアムで1回戦6試合があった。鳥栖の帆足優司朗投手(3年)が杵島商打線を抑えて無安打無得点を達成。7イニングまでの参考記録ながら圧巻の投球を見せた。

 佐賀ブルースタジアムの初戦では、選手宣誓も務めた三養基の主戦高島紘平投手(3年)が完封。打線も10安打し、七回コールド勝ち。多久も有田工を1失点に抑えてコールド勝ちした。そのほか、伊万里農林、鹿島実、早稲田佐賀が2回戦に進んだ。

 

=2015/07/14付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ