故郷登板流れる 中田

西日本スポーツ

地元北九州での登板が中止となり、ファンに手を振る中田 拡大

地元北九州での登板が中止となり、ファンに手を振る中田

 北九州市出身の中田は、故郷での登板が流れ、残念そうだった。公式戦ではプロ入り後初だった地元マウンドが「鷹の祭典」と重なり、盛り上がりは必至。試合開始時間が変更されるなど難しい条件の中、ブルペンで肩をつくっているときに中止が決まった。「仕方ない。お客さんもたくさん入っていたので残念」。母親や知人もスタンドに駆けつけていただけに歯がゆい中止となった。スライド登板はせず、次回は未定。

=2015/07/21付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ