準々決勝、2日連続で順延

西日本新聞

 第97回全国高校野球選手権福岡大会の県大会は23日、雨によるグラウンド不良で小郡市野球場で予定していた準々決勝の飯塚-東海大五、希望が丘-八幡南の2試合が中止となり、24日に順延となった。中止は2日連続。

 準々決勝の残り2試合は25日の予定で、26日の休養日を挟んで27日に準決勝2試合、28日に決勝と変更された。8強には北部7校、南部1校が進出している。

=2015/07/24付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ