柳ケ浦、延長戦制し4強 大分商、接戦制し準決勝へ

西日本新聞

【柳ケ浦―大分上野丘】12回表、5番河野の適時打で本塁に生還した柳ケ浦の岩田 拡大

【柳ケ浦―大分上野丘】12回表、5番河野の適時打で本塁に生還した柳ケ浦の岩田

 第97回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は13日目の23日、大分市青葉町の別大興産スタジアムで準々決勝2試合があり、柳ケ浦と大分商がベスト4入りを決めた。

 第1試合は、柳ケ浦が3-3の同点で迎えた延長十三回、適時打などで2点を加え大分上野丘を振り切った。第2試合は大分商と佐伯鶴城が初回、ともに2点を挙げた後は両チームの投手が好投。七回に貴重な追加点を挙げた大分商が逃げ切った。

 準決勝は25日、決勝は27日に行われる。 

=2015/07/24付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ